世界樹の迷宮III #2

ギルド”リチェルカーレ”、沼の王を屠り新階層にて悪意と出会う。

B3F~B6Fくらいの記録。

7日くらい会社に泊まり込んでいるので一向に先に進みません! うわーん!
悔しいのでとりあえず日記を更新してみる。

そういえばメッセサンオー本店でネットろうなぬしのギルドカード入手してきました。
肉巻きおにぎりは入手出来なかったので、また機を見て食べに行きたいんだけれどなあ。タピオカドリンク美味しかったです。

■現在のPT状況

・アルマトゥラ(ファランクス) Lv11→21
・スパーダ(パイレーツ) Lv12→21
・リサッカ(モンク) Lv12→23
・ベルサリオ(バリスタ) Lv12→21
・フォルテ(ゾディアック) Lv12→21
・リザイア(ファーマー)  Lv10→19
・アルジェント(プリンス) Lv20

火炎槍銃を入手したあたりから、火力不足で伸び悩んでいたスパーダがアタッカーとして機能するようになってきました。
あまりの火力不足に武器を転々としていた結果、クイックドロウとインザダークをえらい中途半端にたしなんでしまったので、ここらで銃か突剣かいっぺん休養して絞った方が良いような気もしています。
わかりやすく強そうなのは銃の方なんだが……悩ましい。

そして前回以降、新メンバー・プリンスのアルジェントが加入。
Lv調整でリサッカ不在時の回復役として使えたらいいなー気分で育てた結果超回復特化、ただまあいつでも使えるリサッカの回復に比べるとやっぱり不安は否めない。
かといってHPフル時の回復や歩行回復まで考えると、ボス戦を含めない通常探索であればTP使わない分アルジェント入れた方が圧倒的に安定するわけです。

ちなみにアルジェントとリサッカを同時に入れると大抵のFOEがなんとかなる気になれる。

■B3F

なにやらカバだかバカだかが襲来してくるというB3F。
カバこと怒れる暴者ですが、直線内に侵入後ずっと追尾してくるヤツですね。

私はここらでいっぺん、FOEの実力というモノを目の当たりにするべきだ。

何が囁いたかそんなことを思い、なにはともあれイザユケボウケンシャ!

アルマトゥラの防御が攻撃を弾く!
リサッカの回復がパーティの危機を救う!
アルジェントの回復がじりじりと戦況を押し戻す!
フォルテの術がHPを削る!
TPが切れたベルサリオは通常攻撃を繰り返す!

ネクタルやメディカを惜しみなく投じ、30ターンを越える長丁場の結果、辛くも怒れる暴者に勝利!
……いや、アルジェントのロイヤルオーラがヤバイ。
ノーダメージという条件付きとは言え、「2人が同時にあと1発食らったら死ぬ」みたいな状況がかなり緩和されるのが大きいです。

そんなわけでアガタの「すり抜けるルートを探してくれ」という頼みも「通れりゃ良いんだろ通れりゃ」と言わんばかりにカバへち倒して前進。B4Fへと辿り着くのでした。

しかし、怒れる暴者が第一階層でトップクラスの戦闘力なら、他のFOEなんざどうとでもなるんじゃないかね?(※無謀と慢心

■B4F

「先に進みたければちょっとナルメル倒してきて」
「イエッサー」

ということで、B4Fでは魔魚ナルメル退治を命ぜられます。
途中で以前遭遇したギルド・ムロツミの2人組、カナエとアガタがどさくさまぎれに尻馬に乗ってきますが、乗ってこようと来るまいと倒さなくてはならない事実には結局変わりがないわけで。

ナルメルは地中に潜ると数ターン後に「大地震」という、100ダメージくらいをたたき出す全体攻撃を使ってきます。
これは通すと回復が追いつかなくなるので止める必要アリ。止めるためには、潜ったときに攻撃出来る6箇所の何処かにいるナルメルに攻撃を当てればOK……全体攻撃でもあればいいのですが、これは運任せ。

HPを半分まで削ったあたりでナルメルが逃走するので、ひとまずテントで休み(テント休憩ならナルメル回復しない?)、雑魚のFOEは無視してナルメルに再攻撃。
ベルサリオのTP切れて以降は大ダメージこそ出ないものの、アルジェントの貴族オーラとリサッカの回復で耐えつつ着実にダメージを通し、比較的難なくナルメルを撃破したのでした。

■B5F~B6F

ナルメルを倒して進んだ先は、今までの第三階層ライクな海底風味の樹海。
B5Fでなにやら過去のトラウマとアガタあたりの死亡フラグを立てているカナタを尻目に、B6Fに進みます。

B6FのFOEが魚類が3対連なって悠々と泳いでおります、3体っておま。
しかしB5FでもFOEを一蹴した私、B6FのFOEも3対連なっているからには個別の戦闘能力はたいしたことがない、一番後ろのやつに襲撃をかければ1周する間に倒せて、1匹ずつ各個撃破できるだろう……。

全体睡眠!
全体呪い!
えっ無理ー^q^

ダメージ自体はさほどでもないにしろ、全体睡眠で手数を奪われ、アタッカーへの呪いで攻撃を躊躇っているうちにターンは経過し乱入乱入。
次第にリソースも付き、リサッカが崩れたのを皮切りに次々と撃破されました。はい全滅ー。
FOEに相手に全滅してなかったのになあ、くそう。

ただ、なんとなく準備さえ整えればなんとかなりそうな手応え。
アルマトゥラ、リサッカ、ベルサリオ、アルジェント、フォルテの防御系メンバーで挑み、フォルテはダークエーテルを回してベルサリオの高速徹甲弾を支援。
バリスタはジャイアントキルが乗るので、うちのゾディアックではいかな雷で弱点をつけるとは言えダメージが劣ってしまうと言う悲しい事実。
あとはひたすら1体ずつ殴り殴りで、アムリタをリサッカとフォルテが1回ずつ使ったくらいの程度でなんとか突破することが出来ました、ふー。

さて、しばらく進んだ先には以前どこかであったオランピアの姿。
オランピアの目的は相変わらず判然としないのですが、伝承の手がかり(だっけ)はあると言われ彼女に誘導された先には、しかし伝承など欠片もなくFOEが3体いるだけでした。

FOEをすり抜けてオランピアの元に戻ると、それまでとは全く違った様子のオランピア、「あの魚の群れの中を生き残るとは計算外」とか「命が惜しくばこれ以上進むな」みたいなことを言いながら何処かへと去っていきました。

おお、邪魔って言われてしまいましたよ。

しかし「進むな」と言われて進むのをやめては冒険者がすたります。元老院に報告に行くと、どうもオランピアのせいで第二階層の冒険者死亡率が跳ね上がっていたのではないかという話に。
かくて、オリンピアの捕獲命令は発動されたのでした。

■クエスト

【かみつき魚は猫すらまたぐ】
B4Fで、魚を15匹以上狩ってこい、ちなみに撃破数を競う大会で前回優勝者は50匹狩ってたよ、とそういう話。

何が嫌って、B4F、微妙にオートパイロットでぐるぐる回れるような地形がないのと、狙い澄ましたかのように魚が出てこないアレ。青い魚は仲間で赤い魚を2匹呼ぶので(だいたい2回くらいは呼ぶ、それ以上呼ぶかは運次第、たぶん)それを待つ、ただしその後の行動で連係攻撃を仕掛けてくるので、青い魚の行動より先にどれか魚をツブす必要はあアリ。

なんとなく60匹ぐらいを狩って優勝してきました。

【喉元に突きつけられし害意】
最初のFOEくらいならもう素殴りで倒せるのか、そうか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください