ポケットモンスターBW #1

唐突にポケモン買ってきました。
発売日の夜に近所のTSUTAYAで、ホワイトだけ残っていたので滑り込んで購入。危なかった……!
ちなみに、家にGB……というかDS以外の任天堂のハードがないおかげで、ポケモンはほぼやったことがありません。「ほぼ」とか微妙に曖昧な物言いなのは、小学校の頃にGBごと緑を借りたことはあるのですが、学年が変わって途中で返した覚えがあるからです。
つまるところやったことないも同然ですね!
何でまたポケモン買ったのよアンタ、といわれれば、TLがポケモンBW尽くしで羨ましくなったからでした。ついったーマジ怖ェよこれどうなってんの……。
あとBWはポケモンが一新されたらしいからちょっと手ェ出しやすいんじゃないかなーとかそういう。そんな夢を見た。
そんなわけで、ポケモントレーナー・シキの旅日記。
いつものノリで日記書くのに適したジャンルじゃないような気がしつつ日記をなるたけ書くよ! 書くよ!!
ポケモンBWといいながらたぶんWしかやらない可能性も高い!!
ちなみに購入日当日にTRPGやってて、その時のPC名をそのままキャラ名にしたのけれど心底どうでもいい話
だいたいカノコタウン~ヒウンシティまで。妙に広範囲なのは、単に日記を書いてたけれど公開する時間がなかったからで…… ゲーム買うとだいたい忙しくなるのってなんで……?

■カノコタウン

お話はアララギ博士から、ポケモンをプレゼントされるところから始まります。プレゼントされたポケモンのうち、好きな1体を選んだら、あとの2体は幼なじみのチェレンとベルが分け合うようです。
……昔、途中までやったことのあるポケモン緑ではヒトカゲを選んだ覚えがあるのでツタージャかミジュマルにするとする。正直選ぶ要素とか見た目以外にあり得ないのでしばらく比較…… ミジュマルのおなかのホタテが気になって気になって仕方ありませんどうすればいいですか。
あまりに気になりすぎたので、ちょっとミジュマルのことは忘れてツタージャを選択。ベルがミジュマル、チェレンがポカブをそれぞれ選びました。
そしてポケモンを手に入れ浮かれたらしいベル、
ベル「ポケモンバトルしよう! 部屋の中だけど!
シキ「部屋の中荒らすぞって言ってるようなもんじゃねえか嫌だ……!」

何か言い出しやがりました。
「こんなに小さいから大丈夫」と、どう考えてもフラグでしかない台詞を吐かれながら回避の余地なくなだれ込むポケモンバトル、ツタージャとミジュマルの体当たり合戦、そしてその結果…… 案の定部屋は荒れ放題の大惨劇。
私に何の恨みがあるというんだこの女。
とりあえず部屋の片付けはお母さんに押しつけて、ポケモンをプレゼントしてくれたアララギ博士の研究所へ行き。そしてポケモン図鑑を埋めるべく、3人の冒険は始まったのでした。
1番道路で、博士の見よう見まねでヨーテリーをゲット。
わーいモコモコー!

■カラクサタウン

1番道路を抜けて辿り着いたカラクサタウンでは、なにやらうさんくさい集団が演説中。ポケモンの解放がうんたらという話を右から左に聴いていると、Nと名乗るイケメン風味の兄ちゃんがなにやら話しかけてきました。
N「僕はポケモンの声が聞こえるんだ」
シキ「現実見て?」
N「失礼だなキミは」

「木々の声が聞こえるんだ!」と同レベルに聞こえましたごめん
脳内ツッコミに怒ったわけではないとは思うのですが、なんか「キミのポケモンの声を聴かせてくれ」という不思議な流れでポケモンバトルを挑まれます。なんか変態くさいと思ってつくづくごめん
しかしなんだNの連れたこのツンツンした可愛らしいお猫様は……ッ!
さておきNに勝利すると、彼は「そんなことを言うポケモンがいるとは!」みたいなノリで戦きながら去っていかれました。なんだったの彼。
2番道路で、そういえば1番道路でスルーしていたミネズミをゲット。
現段階ではヨーテリーと平行して育てる意義が見当たらないなあ……図鑑のこともあるし、追々育てるか。

■サンヨウシティ

サンヨウシティにはジムリーダーがいるらしい!
ということでジムに向かうも、なにやら外出中のこと。ジムリーダーを捜しつつ情報収集していると、何やらここのジムリーダーは3人1組で、「最初に選んだポケモンと相性の悪いポケモン」を繰り出してくるとのこと。
のっけからイジメか、お前ら。
(´・ω・)みたいな気分になりつつ夢の跡地なる場所で話を聞いていたら、しかして何やら親切な人が。
通りすがりの人「あなたはツタージャを選んだのね。ジムリーダーはほのおポケモンを使ってくるだろうから、みずポケモン、いる?」
シキ「えっマジで。ありがとうでもジムリーダーかわいそう

お膝元で、弱点になるポケモンを無料配布されてるって嫌われてねえかジムリーダーさんよ……イジメかと思ったけど逆にかわいそうに思えてきたよ……うん。
さておき、ヒヤップをゲット。頭の上のアレなんだろう。
そんなわけでかわいそうなジムリーダーを撃破。
初めてのジムリーダー戦、1行。だってヒヤップのお陰でなんの危機感もなく勝て……ッ!

■夢の跡地

ジムリーダーを倒したところで、マコモの依頼でムンナの出す「ゆめのけむり」を探しに行きます。ムンナがいるらしい夢の跡地にいたのは「ゆめのけむり」目当てにムンナを蹴り飛ばすプラズマ団のしたっぱ達なのでした。
シキ「そ、そんな物理的な手段でしか出ねえのゆめのけむり!?」
ベル「そんなことないと思うよ!? 助けようよ!」

というわけでプラズマ団2名に制裁を喰らわすと、ムンナの仲間のムシャーナが、ムンナを助けるためにしたっぱーずに悪夢を見せて退散させるのでした。
そんなこんなで「ゆめのけむり」をゲット。マコモに引き渡し、何やら通信的な機能が使えるようになりました。
すれ違い通信みたいなのがあるんだけどちゃんとすれ違える、すげえ……。逆の意味ですれ違ってはいる通信の世界樹とは格が違うなポケモン……いやゲーム中にすれ違えるってのも大きいのだろうけれど……。
夢の跡地でムンナと、チョロネコもここで出会った気が覚えがあるけれど今ひとつ定かではない。
ムンナはあくびが便利だなー。チョロネコは……今のところパッとしないけれど可愛いは正義だよね
その後プラズマ団が、通りすがりの少女のポケモンをパクって逃げたらしいとの話を聞きチェレンとこれをしばき倒してみたり。素で「幼なじみのコンビネーション」とか言い出すチェレンやだちょっと恥ずかしい
カラクサタウンで偉そうな演説をうってた割にやってることがいちいちアレだなあプラズマ団……。
3番道路ではマメパトをゲット。
この子も後で隙を見て育てる感じかなあ……。

■シッポウシティ

シッポウシティにはジムリーダーがいるよ!
ということで挑むよ!
え、ちょ、アロエさんつよい
ハーデリアのとっしんの威力はどうしたことなの……!
「かくとうポケモンがいいよ」いわれたからゲットしてきたドッコラーとナゲキが残念な感じで吹き飛ばされていったよ……!
……あまりの強さに動揺してリセット押してたけど負けるとどうなるんだろうポケモン。というかFE新紋章でリセットまでのためらいのなさが鍛え上げられている。ひどい。
というわけで、Lv18程度までメンバーをせっせとレベル上げ。ツタージャがジャノビーに、ヨーテリーがハーデリアに進化!
ジャノビーかわいい!
ハーデリア……せ、精悍になられて可愛さ減ったよ……ッ!? 若干モップに見えr
せっせとレベル上げの甲斐あって、けっこう苦戦しながらも勝利。
ベーシックバッジを入手するのでした。
しかしその直後、またも現れたのはプラズマ団。
プラーズマー のかけ声と共に、彼らはジムに展示されていたドラゴンの骨を奪って去っていくのでした……たいがい奪いっぱなしだなお前ら……!
偶然遊びに来ていたヒウンシティのジムリーダーのアーティさんと共に、骨を奪い返すべくヤグルマの森に向かうのでした。
アーティ「じゃあ僕は通りを行って道を塞ぐからキミは森を行くんだ!」
シキ「アレしれっと面倒な方押しつけてないか兄ちゃん!?」

いやまあ……確かに相手の逃げ道に強い人がいると頼もしいのではありますが……。仕方がないので森をざくざくと進み、隠れているプラズマ団のしたっぱをぶちぶちを潰していきます。毒だのなんだののバッドステータスが憎い……!
なんだかんだで骨を取り戻し、スカイアローブリッジを越えて、ヒウンシティに辿り着くのでした。
スカイアローブリッジのカメラワークすげえ……!
ヤグルマの森でドッコラー、ナゲキ、タブンネ、チュリネ、オタマロ、フシデ、クルミル、バオップをゲット。さすが森、生き物が多い……!

■ヒウンシティ ……もっぱらリバティガーデン島

すげー大都市だすげー
人の流れがあるとかすごいなあ。誰だ今地味いいながら通り過ぎたヤツ
ヒウンシティのジムリーダーことアーティさんはむしタイプのポケモンを使うとか…… うん、タイプの強弱とかロクに分かってないけれどくさタイプに強そうな音感である
なんとなくほのおタイプが強そうなんだけれど (※音感による偏見)、ほのおタイプはバオップぐらいしかいない上にバオップとか特に育ててない……うん。
とりあえず4番道路でレベル上げしつつダルマッカ、ズルッグ、メグロコをゲットするも、さほどレベルが高くないのであまりレベルが上がらない。
仕方がないので、現実逃避に気分転換にもらったリバティチケットでリバティガーデン島に向かうことにするのでした。
そして向かった先のリバティガーデンでは、
プラズマ団「ええい、大人しくしていれば危害は加えん!」
シキ「なんかアンタら毎回お疲れ様だなーもはや」

プラズマ団が、なんかやってました。
なんでも無限のエネルギーを持つ幻のポケモンがいるとかで、それを追い求めてきたとのこと。とりあえず幻のポケモンと聞いて、若干ウキウキ気分で様子を見に行くことにする。プラズマ団のしたっぱを散らしつつ灯台を下っていくと、そこには昔この場所にかくまわれた幻のポケモン、ビクティニの姿があるのでした。
殴るよ!
眠らすよ!
モンスターボール投げるよ!
捕まえられなかったよ!
どういうことだ……!
倒しても倒しても、部屋から出れば姿をまた見せるビクティニ。これずっと頑張ってれば延々経験値稼げ…… イヤイヤイヤ。イジメよくない。
ええいもってけ唯一のハイパーボール……!
ということで、HP赤+睡眠+ハイパーボールでビクティニを捕獲!
捕獲したことでプラズマ団がなにか仕掛けてくるかと思ったけれども大人しいもので、何事かと思ったら彼ら大人しくお縄についてました。リバティガーデン島でどんだけおおはしゃぎしてたの彼ら。……今までのしたっぱーずも地味に逮捕されてたり、したのかな。
さておきビクティニはとってつけたようにほのおタイプポケモンでした。
いいよもうビクティニだよりでアーティさんに挑むよ……!

■ヒウンシティ

ビクティニ強かった
やきつくしてたら勝ってた…… だと……?
むしろアロエさんの強さがなんだったんだろう……?
アーティさんは私好みの変人だと理解しました。
「あー そーだねー キミ むしポケモン 使いなよ」とかどんなレベルの投げっぱなしだよチクショウ……!

■現在の状況

ポケモンBW_トレーナーカード20100624ポケモンBW_レポート20100924
【ともだちコード:1162 5314 5371】
微妙に通信周りがよくわかっていない……(でも書く
ともだちコード使うと特定の相手と通信できるってことなのかなー。取説読みます、ハイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください