幻霧ノ塔ト剣ノ掟 #3

わりと日がな1日、狂ったように幻霧~やってました。

10時くらいに起きて22時になるまで、ご飯と風呂の時間以外はDS、みたいな。
久しぶりだよ、これだけ駄目な休日を過ごしたのは……ッ!(イイ笑顔

というわけでメモのようです。

突然ですがLv10司祭がめでたくドルイドになりました。

このままだと盗賊だけレベル低すぎる! という危惧の念に駆られた私は、とりあえずキリのいいところでLv10止めにして他のメンツにもサポートクラスばりに技能を習得させていくことにしたのでしたまる、という話です。

今日1日で魔術師Lv10上げたことになりますね。……うわあ。

恐らく称号技能は該当する技能が両方とも要Lv10、で条件を満たすキャラが出てくると称号獲得クエストが出てくる、のかな……? だいたい司祭Lv10魔術師Lv10になったくらいにドルイド獲得のクエストが出てきたので。

だとすると、技能Lv以外の要因も称号技能の条件に引っかかってきそうな予感です、中途半端な盗賊殿はひらべったく振っていたおかげで戦士Lv10盗賊Lv10には届いているので。
分かりやすくありそうなところで能力値か補助技能、でもST14/IN13/VT14/DX13/CH12で能力値条件満たせないとなると、「人間は称号技能とか夢ですから★」とか言われる気分になるわけで。
となると補助技能?
軽業以外に引っかかりそうな技能が思いつかないのだけれど……。

……何にせよ経験値を稼ぐ必要アリってカンジでしょうか。

称号技能を取ると、装備制限が「どっちかが引っかかっていなければOK」に緩和されるのですね。これは便利!

3Fもなんとか貢物を確保し、4Fに突入。

……ひょっとして4Fって、ゲームをクリアするだけならスルーしてOKなのかも分からない。いや埋められるマップはだいたい埋めましたけれど。

無事エレベーターも起動しました。
ハムスターの回し車で稼動するエレベーターとか何事。
ますますもって、わからない。(このゲームが)

さしあたっては称号技能獲得&全体的なレベル底上げのための経験値稼ぎですね。古語魔術が単純に2倍になったことを考えると、4Fあたりでセーブとロードを駆使して頑張るのが早そうです。

……4F、HPが全快でもカルノフスキー&術者に来られると全滅しうるからなあ。3Fあたりでしこたまヒマワリの種食いながらのほうが、長居は出来るのか……?

何にせよ、頑張れ自分。

余談ですが、このゲーム、たまにバックステップで壁抜けますね。
「逃走」を行ったときに、マップ画面で1歩バックステップする場合があるようなのですが(強制エンカウント的な戦闘時?)、

(←:PC&向き □:マス | :壁)
|□←□|
という状況で一歩後ろに下がり、
|□□←|
この地点でエンカウント。
この戦闘で「逃走」し、バックステップが発生し、
|□□□|←

こんなノリで壁抜けてしまいました。分かりにくいな。
……実際の事態としては4Fさまよい庭園で、

|←□|W (W:ワープ)

こういう状況下で上記のバックステップ壁抜けが発生してどっかワープしてここは何処私は誰状態になれてしまったというか、なんというか。かりそめの知識、超万歳。

さまよい庭園はただでさえワープ多くてアレ気味なので、迂闊にバックステップすると泣きを見るかもしれません。
私が方向音痴だからですか、ですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください