Sleep Cycle長時間使用時にモバイル充電器

Sleep Cycle alarm clockSleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle alarm clockが使ってみたいというそんな理由で購入したiPod touch。

Sleep Cycle alarm clock、基本的にiPhoneで使用すること推奨という話を聞きましたが、iPod touchでも特に動作に問題はありません。二度寝の誘惑に勝てればけっこう素敵なアプリのように思えます。

……いえ、基本的にはアラームの設定時間よりも早い時間に鳴るため、「あれまだ早いじゃんもう少し寝よう」ってなってしまう…… のは私が意志薄弱すぎるからですかね!

ただ、iPodの充電具合にもよるのでしょうが、寝る前に小一時間ほどさわってからアラームかけて寝てー、とかやるとだいたい6時間前後でiPodのバッテリーが限界になってしまい自動的にiPodがスリープになってしまう模様。

平日は4時間30分寝れるか寝れないかという生活なのでそれでも問題はないのですが (※体力的には大いに問題アリ)、もう少し寝たい土日休日となると6時間以上ではアラームが鳴らないため、6時間をぶっちぎって13時間とか寝通すそんな駄目人間ぶりを存分に発揮し尽くしてしまうのです。

確かにマニュアル的なものには「充電しながら使ってね」みたいな写真がありましたが、いかんせん2段ベッドの上でコンセントが非常に遠いため、それ用に長めの延長コードを用意しなくてはならず、そして家にはそんな長い延長コードはありませんでした。

いっそ5mの延長コードを買おうかしら、とヨドバシカメラをふらふらしていたら、こんなものを発見。

MobileBattery for iPod/iPhone | +Simplism

まあ何のことはない、持ち運び用の充電器なのですが……。
電池で充電するのではなくUSB経由で充電をするため、PC適当に動かしている環境であればいつでも充電が可能。なので寝る前にキッチリ充電しておいて、寝るときはiPodにこいつを装着してSleep Cycleを動かしてやれば10時間寝通しても問題なくアラームが動きます。素晴らしい。

充電しながらiPod(iPhone)使えねえよ! という環境の方には、使えるかも分かりません。
ただ充電器、5,000円くらいするので、正直5mの延長コード買った方が圧倒的に安上がりではあります。

余談ですがiTunesリンクメーカーなんてものがあるのですね。各サイトでどうやってiTunesのリンクを貼っているのかと疑問に思っていたのですが……。
疑問が解決してスッキリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください